◆まちの記憶◆

       

~横須賀に残る近代建築~

 

 京急田浦駅近く、東芝ライテックの一角に建つセセッション風の建物は、1913年(大正2年)5月に竣工した鉄筋コンクリート2階建ての旧海軍造兵部本館で、当初は製図工場としても使われました。直線を強調し、機能性を重視した外観は逸見浄水場の建物にも共通したデザインで、当時の海軍建築を語るとともに横須賀に残る貴重な近代建築です。

 

 

・・・・・探偵団からの新しいお知らせは、ニュース」をご覧ください。・・・・・

プロフィール

横須賀建築探偵団 

 

◇団  長:富澤 喜美枝

 

◇設  立:1992年(平成4年)5月24日

 

◇目  的:建物から地域の歴史を学ぶ

 

◇活動内容:横須賀市内にある主に戦前の建物を調査し、記録しています。また、他都市

      の歴史的遺産の生かされ方なども見学し、横須賀のまちづくりに役立てたい

      と考えています。呉、佐世保など旧軍港市を訪ね、建物がまちづくりにどう

      生かされているかなどを見学しています。これまでの集大成として「建物で

      読む横須賀」を2008年(平成20年)に出版しました。1931年(昭和6年)

      建築の上町教会の建物の保存・活用のお手伝いもしています。
 



「建物で読む横須賀」
「建物で読む横須賀」

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!