◆まちの記憶◆

   

横須賀の看板建築

 

 看板建築と呼ばれる商店建築は、1975年(昭和50年)に藤森照信東大教授が学会で発表し名づけられました。以前は銅板張りとか額縁の家などとも言われていたそうです。1923年(大正12年)の関東大震災後から昭和初期にかけて防火の必要から建物前面に銅板やタイル張り、モルタル塗装などに装飾的な細工を施したりして建てられました。横須賀では下町、上町、田浦などに多く見られました。写真の建物は本町の三河屋さんです。因みに大火にみまわれた街でも昭和初期には看板建築が多く建てられています。

 

 

 

 

・・・・・探偵団からの新しいお知らせは、ニュース」をご覧ください。・・・・・

プロフィール

横須賀建築探偵団 

 

◇団  長:富澤 喜美枝

 

◇設  立:1992年(平成4年)5月24日

 

◇目  的:建物から地域の歴史を学ぶ

 

◇活動内容:横須賀市内にある主に戦前の建物を調査し、記録しています。また、他都市

      の歴史的遺産の生かされ方なども見学し、横須賀のまちづくりに役立てたい

      と考えています。呉、佐世保など旧軍港市を訪ね、建物がまちづくりにどう

      生かされているかなどを見学しています。これまでの集大成として「建物で

      読む横須賀」を2008年(平成20年)に出版しました。1931年(昭和6年)

      建築の上町教会の建物の保存・活用のお手伝いもしています。
 



「建物で読む横須賀」
「建物で読む横須賀」

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!