ご意見

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    石本朝子 (金曜日, 30 3月 2012 15:53)

    横須賀海軍水道半原系の水道みちの取水口の半原から逸見浄水場まで53キロ足で歩いてみて感動でした!人々の生活に水がこんなにも大切なんだと足と目で知ることになりました。

  • #2

    岩崎 よし子 (火曜日, 03 4月 2012 14:13)

     4/7(土曜)、海老名駅10:00集合。
    今朝富沢さんから、「ペットボトル走水の水」預かりました。
    天気の具合は? ここのところ毎週末雨模様ですから。
    高座豚の豚舎の匂いを嫌だなんて言ったら、旨いハムは食べられません。作り手と食べる人がかけ離れてしまい、懐かしい匂いや風景もずっーと遠くの方に行ってしまった。・・・

  • #3

    富沢喜美枝 (火曜日, 10 4月 2012 09:55)

    命を預かる水源地や水道施設はどこもきれいに整備され、桜の名所というところも見受けられます。走水水源地も毎年市民に開放され、市外からも大勢のお客さんが来ます。半原水源地の桜も見事で周辺の街並み、山や川に囲まれた素晴らしい景観を形作っています。桜の時期、ここを開放して、愛川のみなさんと一緒にお花見を楽しみながら交流したいものです。横須賀の資源・資産の活用の一つと思います。来年はぜひ実現したいものですね。

  • #4

    富沢喜美枝 (土曜日, 21 4月 2012 11:06)

    昨日小学校4年の孫が遠足で逸見浄水場へ行ってきました。メモから≪横須賀には大きな川がない。逸見浄水場の水は、53キロはなれた半原から来ている。かんそくろかちは、たて40m横25m。水1m、砂90㎝、石60㎝で底から上まで2,5m。今は水がない。水を入れるかどうか考えている。4つの池で家の風呂5万個分の水。水は人間にかかせない。雨のおかげ、海は雨でできている。≫。砂を見せていただいたそうで「普通の砂と違っていた」とのことです。役目を果たしていない施設の説明も結構大変かも、これは私の感想です。

  • #5

    富沢喜美枝 (木曜日, 26 4月 2012 22:41)

    横須賀市発行の「市史研究11号横須賀」がこのほど発行されました。「軍都横須賀の旅館文化ー新井屋旅館の資料からー」がトップに掲載されています。(山本志乃・旅の文化研究所主任研究員著)懐かしい写真や間取り図もあって、女将だった澤田菊江さんの話が新井屋の歴史、当時の横須賀を語っています。また、水野さんがティボディエ邸の海軍における使用の変遷についてを書いています。市役所情報コーナーで販売しています。図書館にもあると思います。横須賀での歴史の話も近現代が注目されるようになりました。

  • #6

    岩崎 よし子 (金曜日, 25 5月 2012 10:26)

    建築探偵のアングルの中に
    探偵団と応援団のよく似た名前が登場しましたが、今日は応援団「活用グループ」からのお知らせです。

     本年度の秋のチャリティーコンサートの予告です
     *9月29日(土曜日) 午後2時より 上町教会礼拝堂にて
                 
     ♪鈴木 初音さんとお仲間よる♪アットホームな催しです。
           ~詳細は追ってご連絡します。ご期待下さい~
       

  • #7

    石本朝子 (月曜日, 20 8月 2012 21:38)

    湘南庭園文化祭がまもなくはじまります「種蒔く人」を読んで万代順四郎の魅力を発見しましょう!

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!